ふつつかな日々
ゲーム「汝は人狼なりや?」の プレイ日記・GM日記・プレイヤー観察・戦略戦術考察 ・初心者講座です。
プロフィール

ふつつかもの

Author:ふつつかもの





全記事表示



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人狼の戦術:カウンター論その2

今回はカウンターの狙い、目的、メリットから考えてみます。
といっても、どのようにカウンターするかによってこれらは変わってきます。
そこでカウンターの内容ごとに考えてみましょう。

【占い師カウンター】

メリット1:延命効果が高い
他のカウンターと比べても、延命効果が高いでしょう。
ただしこれは、真占いの可能性を見て残されるケースもありますが、
●を出した占い師視点の確定狼候補として残される、といった意味合いも強いはずです。
呪殺が発生した場合には即処刑されてもおかしくありません。
延命してどうしたいか、それが人狼勝利に結びつくかどうかも考えなければいけません。

メリット2:カウンター後にグレランに発展しやすくなる
霊脳カウンターした場合、ローラーになりやすいと思います。
それに対して占いカウンターをした場合、グレランに発展しやすくなるでしょう。
結果、村側能力者、特に狩人を消せる可能性が上がります。
たかが吊りの一手、と思うなかれ。
ただ処刑された場合と比べたら、その差は歴然。
その一手が勝敗を分けるかもしれないのですから。

メリット3:その他のメリット
その3については一概に言えない部分に触れておきます。
まず、カウンターの準備次第ではカウンターをカウンターだと思わせない事が可能。
霊脳や狩人は常識的なCOタイミング上、●を受け、その●判定のレスポンスとしてのCOとなりやすいですが、
占いカウンターの場合、第一声でCOするのが基本という特性上、
反応スピード次第ではカウンターだと看破されにくくなります。
次に、潜伏枠を減らさない事が可能。
話し合いで●を受けたらその人が占い師を騙り、それ以外の場合は決められた人が占い師を騙る、
などと決めておけば、たとえいきなり●判定を受けたとしても潜伏枠2のまま戦う事が出来ます。
これなら、初日●判定というダメージをかなり緩和する事が出来るはずです。
いずれにしても、その3のメリットは、人狼の準備次第と言えるでしょう。

【霊能者カウンター】

メリット1:真霊能者処刑のチャンスを作る
たとえば占い師3からの霊脳カウンターであれば、
黙って吊られた場合3-1となりやすいことを考えると、
3-2にして本来信用の高いはずの霊能者も処刑してもらえる可能性があります。
ただしこのことは同時に狩人処刑のチャンスも減らす意味を持ちます。
ですから、占い師を人狼が騙っていて信用勝負する方針である場合にオススメです。
基本的に占い師を襲撃する方針の場合は逆効果になるでしょう。

メリット2:身内切りを演出する
これも人狼が占い師を騙っていて信用勝負前提の場合のメリットです。
占い師3からの霊脳カウンターで3-2にすることで、不自然な構成を演出し、
真占い師を2騙り前提の狼と見せるのが狙いになります。
もうお気づきかと思いますが、占い師候補が3からのカウンターであれば、
霊脳カウンターは悪くない選択肢ということになります。

メリット3:霊能者乗っ取りを狙える
これも占い師候補3の場合に狙うのが効果的でしょう。
ちなみに、初日犠牲者が霊能者の確率は約6%・・・。
メリットと言えるほどのものではないですし、
●判定を受けている以上たとえ3-1の霊能者でも盲信はされないでしょう。
占い師3からの霊脳カウンターの有効性についてオマケ程度にお考え下さい。

【狩人カウンター】

メリット1:狐のカウンターを疑わせる
これは占いカウンターにも通じることかもしれませんが、
意図的なGJを発生させやすいことから狩人カウンターのメリットとしました。
デメリットでもあるのですが、たとえば占い師候補2からの狩人カウンターの場合。
真狩人は通常、●判定を出した占い師を真占い師と見るでしょう。
その為、その占い師を襲撃すれば死体無しが発生しやすくなります。
●判定を受けた人が狩人COし、翌日死体無しが発生。
●判定者が狐だと疑う人もいるのでは無いでしょうか?
こう推理する人がいるということはつまり、真占い師の●判定を疑う人が出る、ということです。
カウンターすることで逆に占い師の信用を落とせるかもしれないのです。

メリット2:狩人候補を浮き彫りに
上手い狩人であれば序盤の狩人騙り程度では尻尾を出さないでしょう。
しかしながら、狩人騙りをすることで非狩人を浮き立たせる事は可能だと思っています。
狩人が尻尾を出さなくても、狩人を思いやれない村人が多数いれば・・・。
いずれにしろ、ただ黙って吊られた場合には狩人に対してノーヒントとなるはず。
それよりも、何らかのアクションを村人や狩人に求められる狩人カウンターは、
使い方と人狼の襲撃センス次第で大きな助けとなる可能性を秘めています。

狩人カウンターについては、襲撃の自由度が狭まる、というデメリットも常に付き纏います。
人狼の展開作りが肝心で、これが得意な方にはなかなか面白い策だと思います。

【番外編:共有者カウンター】

今のところ当ブログの考察では大きなメリットを見出せない共有者カウンター。
共有カウンターすることで潜伏予定だった真共有者がCOしてしまえば、
無駄占いの可能性もなくなり、グレーは一気に狭くなります。
普通は●判定を受けた共有者から処刑されるでしょう。
霊能者がCO済みであれば真占いと霊能者との二択勝負を
狩人に挑むための土壌を作れると言えるかもしれません。
しかし現状●判定が初日に出た場合、霊能者は潜伏し翌日COする、という事が多いでしょう。
初日のカウンターについて考えた際、共有カウンターは他のカウンターと比べて
メリットが少ないと考えています。
ただし、初日以外、中盤から終盤にかけてであれば、有効となる場面もあるでしょう。



ということで、カウンター論のまとめ。
・パンダになった場合、是非カウンターしましょう
・占い師候補3からのカウンターや、信用勝負の場合は、霊脳がオススメ
・とにかく真占い師を消したい、そんな時は占い師がオススメ
・襲撃センス、展開作りが得意な人狼には、狩人がオススメ
・カウンターをしたから勝てるのではない。不利なスタートを挽回するチャンス作り、それがカウンター
・人外候補と見られる事を自覚して、逆に利用するべし
・カウンターは難しい事ではない。簡単な準備で思わぬ効果がある事を把握せよ
・おとなしく吊られるのは村人の仕事。人狼なら人狼らしくあるべし
・村人として吊られる方が良い場面も、もちろんある。その後の展開を意識して●判定に対処しよう

ご意見ご感想、反論なども大いにお待ちしております。
それから、晒し厨◆/LOLDATASEさん、膨大なデータからの分析とトラックバック、ありがとうございました。



















スポンサーサイト
人狼の戦術:カウンター論その1

まずこの考察で言いたいこと。
人狼は初日に占い師から人狼判定を受けた場合、
カウンターするべきである


以前この記事でも触れましたが、人狼のカウンターについて考えてみようと思います。
カウンターは初日にしか出来ないというわけではありませんが、
今回は17人普通村の初日黒判定に対してのカウンターに限定して話を進めます。

さて、まず、真占い師が初回の占いで人狼を占う可能性を考えてみます。
初日占い師が生存している確率×占い師が人狼を占う確率なので、約19%
目安として、あなたが人狼になった時の5回に1回は
いきなり初日に真占い師から●判定を突きつけられることになります。
実際にはここに狂人や狐占いからの●判定も加わるので、
もっと頻度は増えると言っていいでしょう。
初日に真占い師が●を引き当てるというのは、完全に運と言えます。
人狼になった時にもっと勝ちたい!というのであれば、
これに対して「ついてない」という前に、何らかの対策は必要では無いでしょうか?

次に、サンプル数が106村なのでデータとしては心許ないですが、
最近の普通村において初日に真占い師が人狼を占い、
その後人狼がカウンターをした場合としなかった場合の勝率を調べてみました。

【カウンターなしの場合】
人狼勝利・・・・・・17
村人勝利・・・・・・37
妖狐勝利・・・・・・ 4

人狼勝率・・・・・・29.3%
※引き分け4を除外

【カウンターありの場合】
人狼勝利・・・・・・16
村人勝利・・・・・・24
妖狐勝利・・・・・・ 2

人狼勝率・・・・・・38.1%
※引き分け2を除外

余談ですがこれを調べるのに2時間ほどかかりました。
500村以上のログを一つずつ調べたので・・・もっと簡単に調べる方法があれば教えてください。
一応、勝率的にもカウンターをした方が良い、と言えるのではないでしょうか。
また、カウンターしない狼とする狼では3:2の比率です。
これはもっとカウンターの有効性について知ってもらわねば!
と私のモチベーションも上がってきました。

今更ですが、カウンターの定義について述べておきます。
初日の占い師からの●判定を受けて、何らかの役職(占い・霊脳・狩人・共有など)を騙り、
延命を図ることをカウンターと定義します。
この記事を読んでいる方の中には、
カウンターに対してネガティブなイメージしか持たない人もいるのではないでしょうか。
カウンターをすることで、
●判定の信憑性が増してしまい、仲間を苦しめるのではないか?
黙って村人らしく吊られた方が有効なのではないか?
また、カウンターで延命したとしても、残った仲間が代わりに吊られる可能性もあるでしょう。
カウンターのデメリットと思われるこれらのことについて、ひとつずつ考えていきます。

●判定の信憑性の上昇
これは恐らく、考察するまでもないことでしょう。
間違いなく、カウンターすることで●判定者は人外というイメージになり、信憑性は上がります。
では、カウンターしなければ●判定は信用されないのか、というとそんなことも無いはずです。
初日は必ず共有者が両潜伏中、つまり共有トラップ有効期間中の●判定です。
これだけで信用できると考える人もいるでしょう。
さらに、黙って処刑された場合には翌日高確率で霊能者のCOがあり、●判定を裏付けるでしょう。
吊られてから霊能者のCOがあるまでの僅かな間だけ信憑性に疑問符がつくかもしれませんが、
そのために3人しかいない狼の一人を差し出すのは、高い買い物では無いでしょうか?
また、単独の●判定とは限らず、パンダとなっている可能性もあります。
この場合、処刑されることで霊能者の信用次第では占い師を騙った仲間まで切り捨てられます。

その後の展開への影響
カウンターすることで●判定の信憑性が増し、人狼が最も恐れるのは
その占い師が真だと決め打ちされ、また狩人に張り付かれるということでしょう。
人狼の取り得る戦術として、初日●判定を受けて考えられるのは

①狩人を吊りと襲撃で消し、占い師を襲撃してグレー数を確保し逃げ切る
②狂人の誤爆や人狼の身内切りのように演出し、ミスリードを誘う
③霊能判定を騙りや襲撃によって誤魔化す

①の場合、狩人は占い師を護衛している、という前提があるはずです。
カウンターで狩人や占いを騙る事で、グレランへと持ち込み、狩人を消すチャンスを増やせます。
②の場合、ただ吊られる事でも演出可能ですが、カウンターで占い・霊脳等を騙って
3-2などの不自然なCO状況とすることでもミスリードを誘えるのでは無いでしょうか。
③の場合、霊脳を騙れば本来信用の高いはずの真霊能者でも吊ってくれる可能性があります。

記事の内容上、かなりカウンターを肯定的に書いてますが、
カウンターをしたからその後の展開が著しく不利になった、とは言えないと個人的には思います。
もしそういった展開になったとすれば、それは実は、
狩人を探しきれず、吊り噛みに持っていけなかったから。
元々潜伏力がなくてLWとなるべき人が生き残れなかったから。
ということだっただけではないでしょうか。
カウンターをしてもしなくても負けていた可能性は、ありませんか?

仲間が代わりに吊られる可能性
カウンターで延命した事で例えばグレランになり、
本来生きているはずの仲間が吊られてしまう、という可能性は確かにあります。
しかしながら、これは上でも書きましたが、
最終的にLWとなるべき人がそんなに簡単に吊られるようでは元々勝ち目は無いのです。
また、黙って吊られた場合狼の票数は減るわけで、
カウンターしない方がグレランでの危険度も増すのではないでしょうか?
カウンターをしたからといって勝利の瞬間までその人狼が生き延びるのは難しいでしょう。
してもしなくても、「生き延びるべき人が生き残って勝つ」ことに変わりはありません。

カウンターに対してネガティブなイメージをお持ちの方、
いかがだったでしょうか。
次回は具体的にどうカウンターすれば有効なのか、
また、その後の展開作りについて考えていきたいと思います。


















戦術考察
戦術考察について私なりにまとめてみました。
異論、反論、ご意見等も大歓迎です。

【役職考察】
・人狼その1


【人狼の戦術】
・身内切りその1
・身内切りその2
・カウンター論その1
・カウンター論その2
役職考察:人狼その1
役職としての人狼について考察してみましょう。
RP好きの私らしくアプローチしてみたいと思います。
さて、人狼とは何でしょう?

1対1では人間を遥かに凌ぐ力を持つモンスター。
高い知性を持ち、集団で行動し、仲間の存在を知る事が出来る。
変身能力を持ち、太陽が照らす中では人間と外見上の見分けがつかない。
夜になれば遠吠えで語り合い、村人を一人ずつ喰い殺す。

人狼のこれらの能力について一つずつ考えてみたいと思います。

【人狼の変身能力】
そう、変身能力です。
これこそがゲームにおける人狼の魅力のひとつであり存在意義です。
皆さんは人狼の変身能力について、弱点やネガティブなものとして捉えていませんか?
果たしてそうでしょうか。
たしかに、この忌むべき変身能力がなければ日中でも強大な力は封印されず、村人も恐れる存在では無いかもしれません。
なぜ人狼はこのような能力を有しているのでしょう。
カメレオンや食虫植物を思い出してください。
彼らは自らの色を変えたり擬態する事で周囲に溶け込み、
獲物の警戒心を解き、そして捕らえます。
時には獲物が好む色になり、時には甘い香りを出して誘惑しています。

人狼も同じなのではないでしょうか。
彼らはただ愚鈍に人間に変身しているわけではないのです。
賢い人狼は、
村人にとって魅力溢れる人物を演じます。
信用できる人物、信用したい人物を演じます。
そうやって村人の心の隙に付け込み、騙し、破滅へと導くのです。

あなたは人狼になった時、昼間怯えていませんか?
大丈夫、あなたが人狼だと知っている者は心強い仲間たちだけ。
変身能力は人狼にとって弱点であるのと同時に武器でもあるのです。
愚かな人間たちを、あなたの変身能力で惑わし、誘惑し、恐怖のどん底に突き落としてやろうではありませんか。

【人狼は仲間を知っている】
既に触れましたが、人狼にとってのもう一つの武器、それは仲間が誰なのかを知っているということです。
村人は共有者以外、自身が人間だと証明する事は難しく、だからこそ他人を警戒し、疑心に苛まれ、時には自らの手で破滅への階段を登っていきます。
対して人狼は、同族を嗅ぎ分け仲間であると認識する能力を持っています。
これは誰も信じる事が出来ない混乱した村の中では非常に大きな力になるでしょう。
仲間を知り、役割を分担し、協力して作戦を練って実行していく事で数的不利を跳ね返す。
そうやって得た勝利は、きっと村人には味わえない、素晴らしい快感としてあなたを魅了するはずです。
たとえ敗れ去ったとしても、仲間と協力出来るという連帯感は味わい難い筈です。
また、仲間が誰なのかを知っているということは、情報戦において一歩リードしているということです。
人狼にとっては真能力者と偽能力者を見分けることは比較的容易でありまた誰が襲われるのか、その理由まで明確に把握できます。
このことは時に人狼の弱点にもなりますが、推理ゲームである以上情報を活かすも殺すもあなた次第といえるでしょう。

【人狼は自由に襲撃対象を選べる】
人狼が村人に恐れられるのは、毎晩一人、美味そうな獲物を喰い殺す事が出来るからです。
その強大な力の前には、狩人の護衛がなければ村人は無力です。
この自由選択の力こそが3つ目の能力です。
1対1では負けない以上、全ての村人を喰い殺す必要はありません。
勝利の為には誰を排除し誰を残す必要があるのか。
状況と村人たちを観察しプランを立てて襲撃対象を選んでいく。
人狼は「推理と説得」のゲームであるとよく言われますが、襲撃によって説得対象を選べるのは人狼だけです。
村人が説得しようと思っていた人物でも、翌日死体になっているかもしれないのです。
説得不可能な人物は襲撃してしまえばいいのです。
計画的な説得術を試みる事が出来る存在だと考えてみれば、また違った面白さに気付くのではないでしょうか。

ふつつかものから見た「人狼」とは
・ゲームの主役。どんな展開になるかは人狼役の選択による所が大きい
・人狼の変身能力は弱点でもあり武器でもある
・数の不利をチームワークで補えるからこそ人狼は強い
・情報戦において最も有利なのが人狼
・説得対象を自由に選ぶ事が出来るのは人狼だけ
・人狼にしか感じる事の出来ない楽しさを味わおう



人狼の戦術:身内切りその1
人狼の戦術である身内切りについて考察してみます。
個人的には得意とする戦術であり、人狼が運や狂人に極力頼らずに
信頼勝負で勝利を目指す作戦でもあると考えています。
信頼勝負の一形態であり、潜伏が得意ではない人狼チームだとしても有能な騙り担当者がいれば好勝負が可能です。(むしろ身内を切るのが前提である為、潜伏が下手な人がいた方が占い師を騙った人狼の信用アップに繋がります。)
ただし占い師を騙るプレイヤーの独りよがりな作戦とも考えられますし、無理に実行するべきではないでしょう。
今回は作戦の土台作りからその際の注意点について。

【身内切り作戦の概要】
占い師を騙り、仲間に●判定を出す事によって信用を獲得する。
その後は各占い師視点での詰み手にならないように
グレーコントロールしながら狐を排除し、最終日、または最終日前の勝利を目指す。

【グレーコントロール】
信頼勝負をする上で最も重要な、グレーコントロールについて解説します。
信頼勝負とは、最終日までに占い師騙り人狼が信用を積み上げ、最終日に真占い師との二択を迫る作戦です。
重要なのは真占い師視点と人狼占い師視点で最終日前に詰みにしない事。
占い師は●を三人発見し狐を呪殺した時点で用済みです。
例えば、初日犠牲者が共有者で3-1となり、真確定霊能者から早期に●判定が二回出されたとします。
その後死体が二つの呪殺が発生した場合は、どの占い師が真だとしても占い師ローラーで村勝利になってしまいます。
この状況だけは絶対に作り出してはいけません。
人狼が早期に二人処刑される場合は、必ず二人目の人狼が処刑された時に霊能者を襲撃する必要があります。
もし襲撃しない場合は、呪殺発生を村人に悟られないようにしなければいけませんが、これはあまりにも運任せであり現実的では無いでしょう。
信用勝負において最も厄介なのは確定霊能者なのです。
脱線しましたが、グレーコントロールについて。
難しく考える必要はありません。
最終日が来る前に各占い師視点でのグレーを残すような襲撃をすればいいだけです。
信頼勝負ではなく、潜伏力勝負にした場合は真占い師のグレーを狭めないような襲撃になると思いますが、
信頼勝負の場合には人狼占い師のグレーもしっかり残すことを考えてください。
最終日前に人狼占い師が用済みになってしまっては意味がありません。
また、真占い師を仮想LWとする以上、真占い師が用済みになって最終日前に処刑されてしまっても同様に意味がありません。


【身内切りの主な狙い・メリット】
・早い段階から●判定を出す事によって信用獲得を期待できる。
本気で信用獲得を目指すのであれば、初手身内切りが最も効果が高いと思います。
初日の段階では共有トラップが必ず有効期間だし、ラインを形成するべき霊能者も生存確率が高いからです。
また、信用勝負をする場合、狐囲いは極力避けるべき。
この意味でも、初手で身内切りをしていれば100%囲う事はありません。
二回目以降の占いでは狐に注視して村人と信じられる人に○判定を出したり、噛み合わせる事で極力狐囲いを防ぐ努力をする事が出来ます。

・真占いが発見するべき●が消える為、相対的に信用を落とせる。
仲間の人狼に●を出す事によって、グレーから発見できる人狼は一人だけになります。
結果的に真占い師は○判定連打となる可能性が高まり、相対的に信用を落とせます。
また、信用勝負では真占い師を仮想狼に仕立てるのですが、「共有トラップを恐れて●判定が出せない狼占い師」として演出する事が可能です。

・真霊能が生存していればラインを形成できる。
狂人や狐の動向次第ですが、3-1からの身内切りであれば信頼度の高い霊能者とラインを形成できます。
2-2の場合でも少なくとも一人とはラインを形成する事が出来ます。
これは村人に●判定を出して両霊能者から否定される危険を考えれば充分メリットと言えるでしょう。

・狩人の護衛を集中させる事が期待できる。
信用を獲得する事によって狩人の護衛を貼り付かせる事が期待できます。
これは狩人の考え方次第で変わりますが、真占い師としての信用を得ておくことは確実に襲撃の自由度を上げる事は間違いありません。


【CO】
まず避けるべきなのは、身内切り予定の仲間以外に●判定を出される事。
この場合はゲーム開始早々全ての人狼が表舞台に立つ事になり、全滅を回避するのが非常に困難になるでしょう。
また、当然ですが呪殺の有無は必ずチェックする事。
これは占い騙りの基本であり、呪殺発生時に●判定を出した占い師は問答無用で処刑されます。
以下に3つほど、私が初手身内切り時に使うCO方法を挙げておきます。

・とにかく早くCOを目指す。
ハイリスクハイリターンです。
基本的に真占い師の理想とするCO方法である為、成功すれば最も信用獲得出来るでしょう。
しかし、対抗占い師の動向については完全に運任せであるため、最悪の場合は上で挙げた「人狼3人が表舞台に立つ」ことになってしまいます。
また、早い●判定によって真占い師等が潜伏する可能性も考えられる事に留意してください。

・様子見COする。
占い師候補の数と仲間に●判定が出されていないかどうかを確認してからCOします。
これによって最悪の事態は避けられますし、場合によっては身内切り作戦自体をキャンセルします。
ただし、様子見CO自体が疑われる傾向にある為、信用獲得という本来の効果を半減させてしまうかもしれません。
余談ですが私がこのCO方法をとる場合は
「●を当てたが占いを騙られていたら潜伏しようと考えていた」
などの言い訳を用意しています。
様子見COに対する何らかの反論は用意しておくべきでしょう。

・朝一で「占いCO、●判定を引きました」とCOする。
かなり変則的なCO方法。これに対して普通は「誰を占ったのか?」というやり取りがあるはずです。
その間に対抗占い師の情報を整理し、●判定を誰に出すかを決めます。
対抗占い師が仲間に●判定を出していなければ予定通り身内を切ってもいいでしょう。
他にも、朝一で
「おはようございます。今日は狐は絶対生きてますね。」
などと伏線をはっておき、あとから占い師COするという手もあります。
いずれの方法も、あなたが真占い師であるという視点で「●判定を引いたため、呪殺は絶対に起こっていない。だから朝一でCO、または伏線をはることが出来た。」
とアピールするのが狙いです。
ただし、これも信用獲得という意味では効果は微妙だし、説得力が求められるでしょう。

【占い師が人狼のみのケース】
初日占い、または真占い潜伏が考えられます。襲撃は当然潜伏占い師狙い。
翌日、潜伏占いが現れない場合、残った潜伏狼が対抗占いとしてCOするのが好手だと思います。
これによってグレーには狩人・狐・共有しか残らない事になります。
襲撃と吊りで狐を駆除しつつ、狐噛みの場合はどちらかの占い師が告発するか●判定を出します。
あとはグレーコントロールしながら占い師の信用勝負に見せかけて最終日を目指します。
初日●判定を引いた信用の高い占い師が、襲われない不自然さを消す意味も兼ねています。
これは身内切りに限らず、初日占いで狼が乗っ取れた場合でも有効な手法だと思います。
潜伏占いが現れた場合は通常の信用勝負同様に考えていけばいいでしょう。
二回目の占いは呪殺+GJに見せかけて噛み合わせでもいいと思います。
これで潜伏占いが出てきて呪殺があっても慌てる事はありません。
占い騙り2でいくと決めている場合は、身内切りした騙り占い師が潜伏占い予定の仲間に対して二回目の占いで●判定を出すのも面白いでしょう。
2連続身内切りは、呪殺が早い段階で発生しなければ非常に凶悪な信用度を誇ります。
潜伏占いを考慮するのは二日目までで充分だと思われます。
三日目以降潜伏占いが出てきても、あなたが破綻しない限り、また説得が下手ではない限り信用で負ける事は無いでしょうし、説得力で負けるようではそもそも信用勝負をするべきではありません。
狂人の動向については潜伏・霊能騙り・占い騙りと色々考えられますが、判定によって真なのか狂なのか見極め、信用を盾に処刑に導くなり場合によっては襲撃して潜伏人狼を活かすなりすればいいでしょう。

ポイント
・初日、占い師が狼占い一人の場合は潜伏狼は潜伏占い騙りをする事を念頭に置いて立ち回っておく。
・狂人については信用で負けさえしなければ自由に行動してもらって構わない。潜伏占いで出てくるようなら判定で見極め処刑に導く。霊能で出てきた場合は身内切り後邪魔な存在である真霊能と共に両吊りへ。
・初日占いだと決め付けず、二回目の占いまでは潜伏占い、特に呪殺に対して充分警戒する。
・安定したら狐の処分を目指せ。狐さえ処分できれば勝利は目前。


【占い師候補2人のケース】
狼真、狼狐、狼狂が考えられます。通常、霊能者は潜伏して身内切り狼を処刑し、翌日霊能者COがあるはずです。
この時困るのが、真霊能を襲撃してしまって翌日狂人霊能のみがCOするケース。
普通狂人からは初日の身内切りが真占いに見える為、霊能判定は○でCOしてきます。こ
うなると狂人霊能が信用を得た場合、身内切りの意味が薄くなってしまいます。
しかし共有潜伏中に●判定を出しているというプラス要素は消えませんし、「霊能候補が1人なのは人狼が処刑されていて余裕が無い」という説得要素は残ります。
上手く誘導して信頼勝負を続行しましょう。
狂人霊能が真霊能の座を乗っ取っていれば、終盤PPに持ち込める可能性もあります。
2-2なり2-1となった後は、通常の信頼勝負と同様に進行していきます。
二回目の●判定は無理に出す必要はありませんが、真霊能がいなければ連続身内切りも考慮に入れます。
更なる信用獲得と、
「この●を処刑してしまうと対抗占い師が狂人の場合グレランでLWが吊られてしまうと狐勝利になる。」
と誘導しキープさせることが主な目的です。
こうすることで狐を吊る可能性が高まり、呪殺による破綻を回避します。
ただ、真占いが●占いで人狼占い師の破綻を目論むこともある為、犠牲者無し時などには●判定は出さない方がいいでしょう。

ポイント
・真霊能はライン形成までは出来るだけ襲わないように注意する。
・2身内切りも考慮に入れる。ただしこの場合真霊能は適当なタイミングで口を封じる。
・対抗は仮想狼として立ち回ること。もし狐が考えられる場合、偶数進行にして残った潜伏狼は最終日前までに処刑される事。
・狐を囲わない事。もし囲った場合は襲撃に大きな制約が課せられる。
・最終日の説得勝負で負けてはいけない。あなたは真占い師と同様の結果を残しているはずなのだから、自信を持って説得に望もう。切られた仲間の為にも。

【占い師候補3人のケース】
考えられるのは狼真狂、狼真狐、狼狂狐。このケースの場合が最も身内切り作戦が失敗する可能性が高いかもしれません。
厄介なのが狩人の存在(特に真霊能への護衛貼り付き)です。
真霊能と早期にラインを形成出来ますが、このまま霊能者を生かしておくと真占いとのラインも形成される可能性があります。
身内切り後に潜伏狼に●判定を出されたりグレランで処刑され、さらに霊能者から2つ目の●判定が出された場合、グレーコントロールの項で述べたように詰み状態になる恐れがあるからです。
占い候補が3人の場合の潜伏人狼役には強い生命力が求められます。
場合によっては狩人騙りなどで処刑を回避する必要があります。
最悪処刑された場合は霊能者を襲撃するか、霊能者が偽者であると説得する必要があります。
潜伏人狼が処刑されても、最終日までの道筋が見えているのであれば無理に回避する必要はありません。
恐れるべきは序盤から中盤にかけての吊り回数に余裕がある時点での処刑だけです。
3-1というのは基本的に身内切り作戦とは相性が悪い構成だと思います。
たとえ身内切り予定だったとしても、占い師対抗が二人出ているのであればキャンセルするのも一つの手だと思います。

ポイント
・占い師3人状態での身内切りは効果が薄い。
・真霊能、またはそれに等しい存在の霊能者から序盤、中盤に●判定を二回出させてはいけない。その前に抹殺するべき。
・潜伏人狼の生命力は非常に重要。場合によっては狩人を騙ってでも処刑を回避するべき。
・作戦キャンセルも考慮に入れよう。

【占い師候補が4人のケース】
考えられるのは狼真狂狐のみです。
(このケースに限らず共有の騙りは考えられますが、撤回があるものとして考えません。)
このケースの場合、身内切りは自滅に等しいでしょう。
普通は占い師候補でも無いあなたの仲間が処刑され、霊能者も生きていればほぼ真霊能と認識されます。
信頼は一時的に獲得できるかもしれませんが、待っているのは相互占いか占い師ローラー。
結局潜伏人狼一人だけが残される事になります。
それよりも作戦をキャンセル可能ならキャンセルし、全潜伏で占い師候補を襲撃した方がずっと勝利に近いでしょう。

ポイント
・占い師候補が増えれば増えるほど、身内切りの効果は薄くなる。
・占い師候補が4人になった時点で、潜伏人狼の生命力が勝負になる。
・真占いは早期に口を塞ぎ、最悪でも潜伏人狼が発見されるのは避けること。
・信頼度によっては潜伏人狼を囲うことくらいしか意味が無い。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。