FC2ブログ
ふつつかな日々
ゲーム「汝は人狼なりや?」の プレイ日記・GM日記・プレイヤー観察・戦略戦術考察 ・初心者講座です。
プロフィール

ふつつかもの

Author:ふつつかもの





全記事表示



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インシテミル
久々の更新です。
たまに村に参加すると化石と呼ばれる始末。
…引退した覚えはありません。

友人に紹介されて購入したインシテミル(著/米澤穂信)
読み終わりました。
読書家ではない私ですが、その設定に心奪われ一気に読みきりました。


「時給11万2千円」という破格の報酬に惹かれて
「暗鬼館」に「ある人文学的な実験」の被験者として集められた男女12人。
被験者は7日間、24時間体制で監視下に置かれ、その中で実験が行われるという。
実験施設である暗鬼館は窓一つない地下の閉鎖空間。
鍵のかからない12の客室、娯楽室、そして、監獄、霊安室・・・。
それぞれに割り当てられた客室には、
気味の悪いメモと「人を殺す為だけに」用意されたような個別の凶器。
主人公は「火かき棒」。
主人公がこのアルバイトに応募した切欠となった女性は「毒薬」。

不穏な空気が流れる中、館の主人から放送が入る。

人を殺害した者には成功ボーナスとして獲得報酬を一人につき2倍に。
殺人犯を探し出し、推理を披露して半数以上の同意を得られた者には探偵ボーナスとして獲得報酬を3倍に。
探偵の補佐を行った者には助手ボーナスとして獲得報酬を1.5倍に・・・。

つまり、実験の主催者、館の主人たちは
「より高額の報酬を得たければ殺し合い、殺人者を暴きなさい」
と言ってきたのです。

この舞台設定だけで、人狼好きな方なら胸躍るものがあるんじゃないでしょうか。
時給11万2千円×24時間×7日間=1800万以上の報酬。
つまり、殺人などというリスクを冒さず、平和に7日間をやり過ごすだけでもこれだけの金を得る事が出来るわけですが、そこはやっぱりミステリー。
12人がそう結論付けた翌日、一人目の死者(人狼で言えば「初日犠牲者」ですね)が・・・こうして、殺人ゲームの幕が開けるのです。

面白いのは「探偵」が「殺人者」を指摘して推理を披露した際に、推理内容が真実ではなくても「半数以上の同意」が得られれば「仮想犯人」を監獄送りに出来るところでしょうか。
このプロセス、人狼を思い出さずにはいられません。
「カイジ」も思い出しますね。

勿論推理しながら読み進むわけですが、
私が正確に推理できたのは(というよりも予想でしょうか)
「抜け道」の場所だけでした・・・。
これ以上はネタバレとなる為、舞台設定の紹介だけにしようと思いますが、人狼プレイヤーの方にはオススメの一冊です。

誰かゲーム化してくれませんか。

 インシテミル 人狼好きなら 読んでみて
                    ふつつかもの










スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。