FC2ブログ
ふつつかな日々
ゲーム「汝は人狼なりや?」の プレイ日記・GM日記・プレイヤー観察・戦略戦術考察 ・初心者講座です。
プロフィール

ふつつかもの

Author:ふつつかもの





全記事表示



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第23回 奇数と偶数
~配役~

【占い師】ナナシーフ
【霊能者】初日犠牲者
【共有者】モネ・ローストいか
【狩 人】ぽん太
【妖 狐】トーマの心臓
【狂 人】COOLドライブ
【人 狼】フラガ・うす・芋男爵
【村 人】でかまるこ・赤と青の指輪・枝豆・暗闇・天才・鎧鳥

~展開メモ~

【占い】
ナナシーフ:COOLドライブ○>ぽん太○>みんとちゃん○>襲撃死
芋男爵:ローストいか○>天才○>でかまるこ●>鎧鳥○>処刑
【霊能】
フラガ:COOLドライブ○>枝豆○>でかまるこ○>芋男爵●>赤と青の指輪●>うす○>鎧鳥○>
【処刑】
COOLドライブ>枝豆>でかまるこ>芋男爵>赤と青の指輪>うす>鎧鳥>
【死体】
初日犠牲者>暗闇>天才>ナナシーフ>無し>ローストいか>モネ>ぽん太
【狩人の護衛】
芋男爵>芋男爵>芋男爵>ローストいか(GJ)>みとんちゃん>みとんちゃん>みとんちゃん
【勝敗】
妖狐の勝利

【解説】
真狼から○を出された狂人が共有騙り。
真共有が対抗で出て狂人吊り、翌日狼霊能が乗っ取りに成功。
4日目に狼霊能が●判定を出して真占い襲撃。
狼霊能は狼占い師とライン寸断、狼占い師処刑へ。
6日目に共有襲撃でGJ発生、奇数進行に。
村→狼→村と処刑され、8日目夜。
狩人襲撃に成功して村狼狐の状態になり、
妖狐勝利になりました。

【各賞受賞者】
【MVP】トーマの心臓さん(妖狐)腐女子 ◆KiTTYsve0k
霊能真であればトーマの心臓さんとしても勝利はほぼないと思える状況だったと思いますが、狩人GJによる奇数進行と狼霊能という幸運に助けられ、見事に勝利なさいました。ただ幸運だけで勝利したわけではなく、村人から圧倒的な白印象を獲得しており、処刑されなかった事が最大の勝因だったと思います。輝く白さを元に流れと幸運を掴み、唯一の勝者となったトーマの心臓さんに、最大限の賛辞を贈ります。

【敢闘賞】フラガさん(人狼)◆TBh3fS65ww
今回の狼有利な流れはフラガさんの霊能乗っ取りに起因するものが大きかったと思います。ナナシーフさんを襲撃してラインを形成し、狂人霊能の信頼度の低さを活かして真霊能として見事に村人を騙す事に成功していました。乗っ取りに出た勇気と判断力は素晴らしかったです。ただ奇数進行となったことであと一歩のところで狐さんに勝ちを浚われてしまったかしら。非常に惜しかったですので敢闘賞を贈ります。

【技能賞】フラガさん(人狼)◆TBh3fS65ww
霊能を乗っ取って最終日前まで活躍したフラガさんに、技能賞を贈ります。霊能初日という幸運ではありましたが、対抗霊脳が出ないようにしっかり襲撃で探した後に処刑されるほど疑われない程度のタイミングで霊騙りをなさっていました。騙りへの布石、状況判断力ともに素晴らしかったと思います。

【名探偵賞】芋男爵さん(人狼)あーちゃそ ◆DV71P8i80c
共有トラップが狂人さんのサポートによって解除された状況ではありましたが、偽占い師が●を打つ際に狐や狩人を避けるというのは思ったよりも簡単なことではありません。信頼度的にはナナシーフさんに負けていなかっただけに、●打ちで狩人や狐に抵抗されなかったというのは大きかったのではないでしょうか。狐も囲っていませんし、騙り占い師の占い先に光るものを感じましたので名探偵賞を贈ります。

【ふつつか賞】ぽん太さん(狩人)とどのまつり ◆Vy6dpOfjew
ローストいかさんの護衛GJによって村に希望をもたらしました。しかし前半は人狼占い師さんに見事に騙され、結果的にナナシーフさんを失ってしまいました。良くも悪くも村のキーマンだった狩人のぽん太さんに、ふつつか賞を贈ります。

【RP賞】ローストいかさん(共有者)ちくわぶ ◆denZZXCMUw
◆うすさんの遠吠え 「じゃあ、おいしそうなローストいかさんで。」
おいしそうだったローストいかさんにRP賞をさしあげますの。うふふ。


狼視点での奇数進行と偶数進行について考察してみましょう。

奇数進行
1.グレランでは純粋な確率だけなら不利。(投票時4人から狼を吊るのと3人から吊るのでは後者の方が不利です。)
2.狂人が判明していればPP出来る可能性がある。
3.狐生存時は襲撃が成功した途端に敗北の可能性がある。
4.襲撃を失敗しても吊り回数は増えない。


偶数進行
1.グレランでは純粋な確率だけなら有利。
2.偽能力者扱いされても狂人だと認識されれば処刑されない?
3.狐生存時は処刑出来なかった場合は敗北の可能性がある。
4.襲撃を失敗すると吊り回数が増える。


狼視点で奇数と偶数の違いは主にこんなところでしょうか。
他に呪殺が出る事によって

奇数進行
7>(処刑)6→(襲撃+呪殺)→4>2 吊り回数減少


偶数進行
8>(処刑)7→(襲撃+呪殺)→5>3>1 吊り回数変化無し


という特徴もあります。
果たして狼にとって、最終日はどちらがいいのか?
結論から先に出すと、特別な状況を除いた場合は偶数進行で最終日を迎えた方がいいでしょう。
特別な状況とは、
呪殺発生などで狐が確実に存在しない上に、狂人が生存していてPP可能な場合です。
グレランで勝負しなければいけない状況では最終日は偶数の方が基本的に有利ですし、襲撃時に常に狐勝利を考えなければいけない奇数進行は出来れば避けたいものです。
偶数進行時、狐を処刑出来なければ敗北の可能性があると記していますが、真占い不在の状況下ではいずれにしても狐は処刑しなければ狼勝利はありえません。
狐処刑のチャンスがあるのが偶数進行だと考えた方がいいでしょう。

狼は噛み先を自由に決められます。
時には狩人の護衛を読んでわざとGJを出させたり、余裕があるのであれば狐を探したり利用する事によって奇数進行・偶数進行を操作して最終日に挑んでみましょう。
ちょっとしたことのように思えるかもしれませんが、奇数と偶数の操作は非常に重要なのです。

今日のポイント
・狼にとっては基本的に最終日、偶数進行の方が有利。
・時には敵である狩人や狐も利用して奇数と偶数を操作しましょう。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://chabieru.blog108.fc2.com/tb.php/53-356216f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。