FC2ブログ
ふつつかな日々
ゲーム「汝は人狼なりや?」の プレイ日記・GM日記・プレイヤー観察・戦略戦術考察 ・初心者講座です。
プロフィール

ふつつかもの

Author:ふつつかもの





全記事表示



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第45回 安全策で狐が笑う
~配役~

【占い師】ハウゼ
【霊能者】結婚できない男
【共有者】姫神秋沙・新都
【狩 人】ドラえもん
【妖 狐】夜行性
【狂 人】湯加減
【人 狼】男道・コロコロ武士・無線機
【村 人】ぴったり7・甘栗・ごんた・騙された!・本音と建前・火縄銃

~展開メモ~

【占い】
無線機:ごんた○>騙された!●>ドラえもん○>夜行性○>処刑
湯加減:新都○>襲撃死
ハウゼ:ドラえもん○>火縄銃○>男道●>甘栗○
【霊能】
結婚できない男:?>襲撃死
【処刑】
コロコロ武士>騙された!>男道>無線機
【死体】
初日犠牲者>湯加減>結婚できない男>ごんた
【狩人の護衛】
結婚できない男>無線機>ハウゼ
【勝敗】
妖狐の勝利

【解説】
真狂狼ー真共、共有者は霊能騙りを即日撤回、
3-1-2のフルオープン。
1回目のグレランで潜伏人狼処刑、翌日狂人襲撃死。
同時に狼占い師が●判定、
霊能は回線トラブルによって完ステ。
霊能者が襲撃されるのと同時に真占いが潜伏人狼発見。
霊判定情報がないまま、
潜伏人狼→人狼占い師と処刑され、
妖狐勝利になりました。

【各賞受賞者】
【MVP】夜光性さん(妖狐)そに ◆Rcaz7RUzJM
初日から処刑候補に挙がり、先は長くないかしら、なんて見ていたのですが、まさに流れが狐向きでした。霊能判定が見えていればこうはなっていなかったかもしれませんが、狐にとって流れにのるということは非常に重要です。またハウゼさんを真占いと見切って擁護し、占われないような工夫をされていたと思います。この村唯一の勝者に、最大限の賛辞を贈ります。

【敢闘賞】ハウゼさん(占い師)m-h-s ◆0IwTsnfZ0c
湯加減さんが噛まれた後も占い師としての信用はそれほど落ちてはいませんでした。少なくとも狼占い師よりは真占いらしかったのですし、男道さん占いも狼の勝機をほぼ断つ一手だったと思います。霊情報がなく、手探りだったので無線機さん吊りは怖いところでしたが不可抗力だったのではないでしょうか。

【名探偵賞】男道さん(人狼)らん ◆MNCLt46Zf6
フルオープンの状況下で、狼にとっての潜伏役職なのは狐と狩人のみ。そのうちの一人を早期にチェックなさっていました。役職センサーというのは人狼にとって非常に重要な推理要素だと思いますので、この鋭さに名探偵賞を贈ります。

【ふつつか賞】結婚できない男さん(霊能者)ピクルス ◆DUeKnSdefM
恐らくトラブルだと思いますが、●判定を村に知らせる事が出来なかったのは非常に重要なポイントだったと思います。悪くても非狼だと考えられていたのは初日の振る舞いが影響しているでしょうか。これは真霊能としてプラスに働く立ち振る舞いだったと思います。それだけに、重要な情報を残せなかったのは残念でした。次回はトラブルがないことをお祈りしております。

【RP賞】本音と建前さん(村人)占いCO希望 ◆TowaP7uRK.
その名の通りの楽しい発言手法、楽しませていただきました。
どちらかというと本音のほうが多かったのかもしれませんね。RPを使い分けつつ発言量も豊富で、村人認定をしている方もいらっしゃいました。
そんな本音と建前さんに、本音でRP賞を贈ります。


3-1の霊能者からの情報がもたらされなかったのが狐勝利の最大要因だったと思います。
しかし、村側にもこの事態は想定出来なかったわけではありません。
ルール上は霊能者が突然死しても続行ですし、霊能者が真だとも限りませんし、霊能初日の村もあります。
これらは現実に起こり得ることだと考え、霊判定が不明であればそれに対処する、という心構えは必要なのだと感じた村でした。
狂人噛みが発生した事により残った占い候補の信頼度は著しく落ち、呪殺が発生しなければ処刑するしかなかったでしょう。
問題なのは残った占い師を吊り始めるタイミングで、残り10人からローラーを開始したのはやはり少し早かったのではないかと思います。
仮に襲われた占い師が真だと想定しても偶数進行ではPPは発生しませんし、人狼全残りで村が負ける可能性があるのは残り8人からの吊りに失敗した場合です。
一手早く占い師を吊り始めることで狩人を吊らない、残り人外狼3狐1にも対処可能、といったメリットもある為一概に悪いことだとは言い切れませんが、最悪のケースの場合でもグレーに人外は多数残っている事になります。組織票を考慮して共有者の指定によるグレー吊りをしてもいいでしょうし、このケースで狩人の保護を考えるのはナンセンスだとも思います。
人狼に対してだけの安全策は安全策ではなく、妖狐ありの普通村においてはまず妖狐対策をとる事が勝利条件を考えても安全策と言えるのではないかと思います。

今日のポイント
・能力者に頼りすぎるのは推理放棄です。
・真の安全策はまず妖狐対策。人狼だけを追い詰めても村人は勝てません。
・残り10人からの吊りを失敗しても、村人の人狼に対しての負けが決定するわけではありません。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://chabieru.blog108.fc2.com/tb.php/81-b7c023f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。